ゆるりと。

日々の暮らしや本のことなど。

考え方

ブログを開設してから半年が経ちました。

こんにちは。 今日の朝起きてメールを見るとはてなブログからブログ開設半年を知らすメールが来ていました。 今年の2月ごろにブログを手探りで書き始めて現在8月の終わり。 書き始めた頃は右も左も分からずとにかく調べまくりました。 特にこれといって考…

紙の本か電子書籍か。本について思うこと。

結論から書くと僕は紙の本派です。 といっても電子書籍でもいいものもあれば紙の本でなければならないものが僕自身のなかであります。 例えば漫画や雑誌は電子版でもいいかなと思っているんですが小説はどうしても紙でないといけません。 ページをめくってい…

学んだことを自分のモノにする。「アウトプット」について。

こんにちは。 今回は「アウトプット」についてのお話をします。 今まで本を読んできましたがはたしてそれが自分の身になっていたか。 せっかく本を読んだり勉強をしているなら出来るだけ自分のモノにしたいものです。 僕がアウトプットについて考えるきっか…

ありのまま自分のままで生きること。繊細さんの本。

はじめに。 一冊本を読み終えたので紹介します。 最近HSP(繊細さ)について気になっていました。 今回読んだのは武田友紀さんの「「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる「繊細さん」の本」です。 繊細さんは性格上の課題ではなく、背が高い、背が低い…

生活を豊かにするための4つのこと。

ここ2~3年で僕の過ごし方が変わったようにふと感じます。 色々な人と出会ったり話したり、どこかしらで影響を受けて変わってきていると思います。 いつか読んだ本に「人は過去の人から何かしらを吸収して今の自分を形成している」とありました。 その通り…

なぜ夜寝れないのか。寝不足を改善したいんです

こんにちは。 突然ですが、布団に入ってからすぐ寝れていますか? 僕は布団に入ってから寝るまでに凄く時間がかかるんです。 とはいえ朝ご飯は食べたいから起きる時間はいつも通り早めに。 結果寝不足で一日のパフォーマンスが下がる。 負の連鎖ですね... 今…

時間を作るために実践していること。

やりたいことはあるけど時間がない。 そう思うことが以前より少なくなった気がします。 ここ1年くらい友人に話を聞いたり、本を読んだりして自分なりに色々実践してきました。 僕は生活柄周りよりも少し時間にゆとりのあるほうですが、やはり忙しい時もあり…

読んだことを取り入れる。ためになったビジネス本を3冊ほど紹介。

話が上手になりたい。 聞き上手になりたい。 そんなことを思うことはありませんか。 僕は興味のある分野のことはできるだけ本などのデマの少ない情報から入手しようと考えています。 ビジネス本って意識高い人が読む本という人もいますが、中にはすごくため…

人間らしさ。人それぞれの価値観について考える

無駄なことは省いて効率的なやり方で事を進めたい。 無駄なことにこそ価値がある。 こんにちは。 この人とは根本から価値観が合わないなと感じることはありませんか。 または、自分が凄く好きなものを否定されたり。 僕はかなりの頻度であります。 周りに迷…

集中するためにやっていること。

僕は長い時間集中することが苦手でちょっとした雑音やスマホの通知で集中が途切れてしまいます。 でもおんなじ作業をするなら集中して早い時間でサッと終わらせたいものです。 今回は集中するために僕が実践していることを紹介していこうと思います。 スマホ…

支出を見直す。お金について考える。

こんにちは。 最近新作ゲームの発売や春服の購入などで出費がかさんでいます。 モノを買うに当たってお金を支払うのなら後々不必要になるかもしれないものにはお金は使いたくないですよね。 今回は僕が無駄な出費をしないために決めていることについて紹介し…

休日のバック、小さくして良かったこと。

休日に出かけるときは小さめのウエストポーチを使っています。 バックを小さくして 個人的に良かったと感じたことをまとめていこうと思います。 身軽になる 必要なものが分かる 探し物をしなくなる まとめ 身軽になる 持ち歩くモノの量が減るだけで精神的に…

聞いているようで、人の話を聞けていない。

以前読んだ本の中に、聞く力についての本がありました。 國武大紀さんの「聞く力こそが最強の武器である」という本です。 はじめの数ページを読んでみて目をひく文章がありました。 「あなたは人の話を聞いているようで、全く聞けていない。」 どういうこと…

人目を気にしない、自分らしい生き方へ

ある本を読んだことを機に、心の持ちようが少しだけ変わりました。 去年僕はやりたいことや行きたいところがあるにも関わらず、人目を気にして行動に移せませんでした。 1人でいることを周りにどう思われているのだろうと考えすぎていました。 そんな時、ア…