ゆるりと。

日々の暮らしや本のことなど。

「Apple Watch Series5」と過ごした4ヵ月。

f:id:kahu72:20200305082314j:plain

Apple Watch Serise5」を購入して4ヵ月ほど過ぎました。

Gpsモデルのアルミニウムを使っています。

 

 

f:id:kahu72:20200305084505j:plain

購入理由としては大きく2つありました。

1つはWalletの機能を使いたかったことです。

ちょっとした買い物や電車の改札を通るときに手首のタッチだけでスマートな買い物をしたかったんです(笑)

 

2つ目に睡眠の記録を取りたかったからです。

購入当初は睡眠記録アプリを入れて使っていたんですがだんだんとめんどくさくなり記録するのをやめてしまいました。

しかし使い続けていると、この機能便利かもと感じるものも出てきました。

 

なので「Apple Watch Series5」を使ってみて僕の感じた便利を紹介していこうと思います。

 

 

 

 スケジュールの管理の幅が広がる

スケジュールややっておきたいことはスケジュール帳とApple Watchで管理しています。

僕はメモなどは手で書かないと覚えておけないため基本は紙のスケジュール帳を使っているんですが、直近のことはApple Watchのリマインダーというアプリを使っています。

iPhoneにもありますが、手元でサッと音声入力を使ってメモを取れるのはすごく便利です。

 

 目覚めが良くなった

催眠の記録は取らなくなったんですが、目覚ましとして使っています。

やさしい手元のバイブレーションで起きられるのがいいんです。

家にある爆音の目覚まし時計で起きると、時間通りには起きれるんですが寝起きのキツさがありますよね(笑)

音じゃなく振動で起きられることが新鮮で朝のパフォーマンスも変わります。

 

 呼吸アプリで習慣化

f:id:kahu72:20200305082511j:plain

アプリの中に呼吸というアプリがあります。

1分間の深呼吸で心を落ち着かせるというアプリなんですが、僕は瞑想用として使っています。

手首に伝わる振動通りに息を吸ってはいてと普段の瞑想をApple Watchで行っています。

アプリの通知も来るので、毎日続けることの出来ない僕にとっては習慣化の手助けをする良いアプリです。

 

 

 まとめ

大きな日常の変化は僕はあまり感じませんでしたが、ちょっとした便利を受け取ることが出来るのかなと思います。

現在は日常になくてはならない持ち物です。

今後も使用していって徐々に使いこなしていきたいと思います。

f:id:kahu72:20200305082611j:plain