ゆるりと。

日々の暮らしや本のことなど。

生産的な毎日を。睡眠について考える。

f:id:kahu72:20200915033412j:plain

こんにちは。

僕は日々睡眠について悩まされています。

ついついやるべきことを夜にまでまわしてしまった。

本を読んでいたら面白くてやめ時が分からず遅くまで読んでしまった。

そういう夜を過ごすと大抵の場合朝のコンディションは最悪です。

 

今回は睡眠についての本を読んだのでこの本に少し触れながらお話ししようと思います。

 

 

 

ショートスリーパーは遺伝である

僕の周りにも少しの時間の睡眠にも関わらず普通に活動できる人がいます。

ショートスリーパーと呼ばれていますが、この短時間睡眠は遺伝であるみたいです。

研究結果もあるみたいでほとんどの人はこの短時間睡眠の遺伝子を持っておらず、ショートスリーパーでない人が短時間睡眠をすると健康を害したり日中の生産性の低下にもつながります。

つまり、大抵の人はしっかりとした睡眠時間を確保することが大切ですね。

 

 

とにかく危険な睡眠不足

睡眠不足で体調を崩した。

頭が働かない。

こういった問題は本人自身の問題ですが、睡眠不足は周りの他人も巻き込みかねないことが書かれています。

例えば会議中や授業中に眠気で本人の意思とは関係なく瞬間的な居眠りをしてしまうことがありますが、これが運転中や危険な作業を伴う仕事中なら大事故を引き起こすかもしれません。

 

 

入眠後最初の90分を深くする

人は寝ながらレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しており、最初に来るのがノンレム睡眠

最初の90分間のノンレム睡眠は睡眠全体の中で見ても深い眠りみたいで良い睡眠をとるときに意識しておきたいのが最初の90分をいかに深くとるかということみたいです。

ここがしっかりと眠れておけば自律神経やホルモンなども整うみたいなのでしっかりした睡眠には欠かせないですね。

 

 

 

まとめ

今回は睡眠についてお話ししました。

上で紹介した本の多くあるトピックの中や内容から大分かいつまんでお話ししたので大雑把にはなってしまいましたが、気になった方はぜひ書店や電子書籍で手にとってみてください。

僕自身睡眠時間を削り他のやりたいことに時間をかける人間なので、しっかり睡眠について勉強しもう1度見直そうと思っています。

 

では、お読みいただきありがとうございました。